CyberSakura

プログラム概要Outline

第4回CyberSakura 開催概要

CyberSakuraはサイバーセキュリティ分野の人材育成を目的とした教育プログラムです。
実践的にサイバーセキュリティを学ぶことができる「練習会」と、チーム対応でスコアを競う「競技会」に参加できます。WindowsやUbuntuの仮想マシーン上で脆弱な設定や状況を改善することで獲得できるスコアをチーム対応で競います。

開催詳細

2024年度/第4回のスケジュールや参加条件、登録に必要な項目の詳細についてはこちらの開催詳細をご覧ください。



部門について

セキュリティ人材には、コンピューター上のセキュリティリスクの認識能力が不可欠です。


エントリー部門

コンピューターを安全に使うために必要な設定はなにかを考える体験を、チャレンジラウンド出場を通して挑戦する部門です。

本戦部門

潜在的なセキュリティリスクを正確に認識し、それを正す能力を競い、予選ラウンドを突破し、決勝ラウンドで日本一を目指す部門です。





プログラム内容

自学習・練習会

参加者は、事前に用意されている資料を使ってサイバーセキュリティの基本から学びはじめ、練習会にオンラインで参加して実践的に学ぶことができます。

  • 学習資料
  • 練習会

競技会

制限時間内に、仮想環境に含まれるセキュリティの脆弱性を発見・修正することで獲得するスコアを競います。

  • チャレンジラウンド
  • 予選ラウンド
  • 決勝ラウンド
部門とスケジュール
オンライン形式:チーム活動場所に集合してオンライン参加します。




チーム構成と参加方法


登録時に必要なチーム構成は、同じ組織・学校に所属している参加者とコーチです。チームをサポートする技術メンターやチームアシスタントの追加は随時登録可能です。(任意)
参加方法は次の2つの登録を順に行います。「コーチ登録」として、チームのコーチとなる大人の方の登録を行います。コーチ登録後、ポータルサイトから「チーム登録」として、参加者、参加者の保護者、所属する組織の代表者の情報を登録します。